スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走のベートーベン

誰が何と言ったって師走のベートーベンと言えば、第九に決まっている。知人のコーラスグループの人はわざわざドイツ語で歌うのを楽しみにしているぐらいだ。ここではそうではないのだ。ブドウの剪定作業をしながらNHKFMを聞いていた。ここでかかった曲がベートーベンの「ロマンス」なのだ。もう50年近くになるが、大学の1年生の時だった。自分は高校時代からラグビーをしていて、大学に入ったらもうあんな辛いラグビーは絶対やらないと思っていたのに、部員の人に誘われたらその場で「入ります」と言ってしまったことを思い出す。あまりにもあっけなく承諾したので、その後先輩になる人がきょとんとした顔をしていたのを思い出した。ある日、4回生の先輩が私を喫茶店に誘ってくれた。今では懐かしい名曲喫茶というところだ。初めて入った名曲喫茶という代物に少しドキドキしていた。先輩がリクエストしたのがこの「ロマンス」なのだ。運命か田園ぐらいしか知らない自分にとっては、この上品で、良質な名曲は青春真っ只中の自分に染み入っていた。そして、あまりのギャップに戸惑っていた。第1に先輩の風貌である。ラグビー部だからがっしりした体で、短髪、いかつい顔をした先輩だった。あちらの筋の人と間違えられるほどである。さらに、こう言ったのである。「おれはラグビー部に入れば女の子にもてると思った。しかし、この4年間まったくもてなかった」と。ラグビーと女の子を一緒に考えたことがなかった自分はまったく返答に困ってしまった。黙って、コーヒーを飲む以外にすることは無くなり、「ロマンス」もどこかへ飛んで行ってしまった。土木専攻のあの先輩同じこの時間に「ロマンス」を聞いていたら嬉しいなあ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。