FC2ブログ

葡萄はどこから来たの

葡萄はどこから来たの?と、問えば、地球46億年の歴史を語ろうか。なんて、とんでもない。もっともっと、最近の事だ。最近と言っても奈良時代にさかのぼる。
日本の葡萄と言えば甲州葡萄。なぜか「vitis・vinifera」、ヨーロッパ系の葡萄だ。それも中国系の葡萄だそうだ。そう、葡萄は中国から来たのだ。雨宮さんやら、僧・行基さんの説もあるけど、私は中国からきたものだと確信している。
ならば、他にも中国から来た物は何があるだろうと推測してみる。まず、「漢字」。そうなんだ、中国は漢の文字なんだ。同じく今は和服と呼んでいるけど、小さい頃は「呉服」だった。そうです。呉の服だから呉服なんですって。ちなみに中国の人に聞いたんだけど「チャイナ服」は漢民族ではなく満州人の服なんだそうです。これも中国だけど。
続いて「お茶」、南宋の頃流行ったらしいけど中国では消えたそうだ。「絵画・水墨画」・・中国で買った掛け軸が自宅に飾ってある。「琴に琵琶、笙」等の楽器。今も良く似たものを伊勢神宮でならしている。
もっとすごい物がある。「孔子」の儒教だ。子曰く・・・だ。中身忘れたけど、仁・義の元になった教えだ。日本人のアイデンティティーの元は中国人の作ったものなのだ。
あらためて思い直すと中国人はすごい。特に昔の中国人は。
もっとすごい物があった。私が毎日ご先祖様の前で唱えている「般若心経」なのだ。おなじみの三蔵法師がインドから持ち帰って翻訳した物だそうだ。お釈迦様が入滅してから500年経てから作られたものだそうだ。てっきりお釈迦様が作ったものだと思っていたのでさすがにかなりショックだった。
ちなみに日本・「蓬莱」は孫悟空の故郷で神聖な場所だ、と、やはり中国の人に聞いた。最後に中国系のスナックで飲んでいたとき「あなたの顔は・・省でよく見る顔です」と言われた。私も中国からの渡来人だったのか。そういえば、ぺっちゃりした顔だな。
もっとすごい物がある。孔子の儒教だ。子曰く・・・だ。中身忘れたけど、仁・義の元になった教えだ。日本人のアイデンティティーの元は中国人の作ったものなのだ。あらためて思い直すと中国人はすごい。特に昔の中国人は。もっとすごい物があった。私が毎日ご先祖様の前で唱えている般若心経なのだ。おなじみの三蔵法師がインドから持ち帰って翻訳した物だそうだ。お釈迦様が入滅してから500年経てから作られたものだそうだ。てっきりお釈迦様が作ったものだと思っていたのでさすがにかなりショックだった。ちなみに日本・蓬莱は孫悟空の故郷で神聖な場所だ、と、やはり中国の人に聞いた。最後に中国系のスナックで飲んでいたとき「あなたの顔は・・県省でよく見る顔です」と言われた。私も中国からの渡来人だったのか。そういえば、ぺっちゃりした
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード