スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tea timeにしましょう。

DSCN2722.jpgDSCN2896.jpg一昨日、友人の友人でフラワー アーティストのKさんにに紅茶を頂いた。初めてお会いするということもあり、ご挨拶代わりに頂いたのだ。この方のお心遣いに感心してしまった。手ぶらでお会いした自分が少し恥ずかった。
この方が女性ということもあり、本当はずぼらな性格だが、少しだけネコを被らせていただいた。写真は被った猫ではなく、自宅の本当の猫「ラブちゃん」と頂いた紅茶だ。
オールドローズの写真に種々の香りの紅茶が入っている。なかなかのすぐれものだ。本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
自分が趣味でバラを作っている話はこの次にして、紅茶の話を書こう。
紅茶も緑茶も品種の違いはあるけど同じ茶葉からできていることはよく知られるようになった。生葉と発酵茶葉の違いなのだ。明治時代に日本に入ったアッサム種が三重県にあることは意外と知られていない。原木は紀南の御浜町と亀山の茶業研究所にある。御浜町の「さぎりの里」で今でもアッサム紅茶飲めるだろうか。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

give up!

30年近く前に成るでしょうか、自宅の庭のフェンスに淡いクリーム色を帯びた限りなく白に近いケンドーン(正確な名前は忘れてしまいましたが)のつるバラを一面に植えました。
基本、白と紫の花が好き♡
特にバラは剣弁の白バラが好き♡

小さな蕾が膨らんでくるとアブラムシとの戦い開始!
市販の殺虫剤を使いたくなく、タバコの吸い殻を水に浸し抽出した液をコットンに含ませ⇒割りばしでつまみ⇒小さな蕾に無数に付いたアブラムシをふき取る。日々格闘でした。

結果、アブラムシの圧勝 (*´ω`)
5年で根性負け(´Д`)
結局、自然消滅・・・(涙)
好きだけでは出来ないことを学びました。

もう一度、あの白いバラ植えてみたいです。
根性激減だから無理かな(^_-)-☆

MADAM・Mさんありがとうございました。

閲覧ありがとうございました。バラがお好きということで。アブラムシですね。牛乳の粘りでアブラムシを動かなくする方法も聞いたことありますが。たばこの浸種液は、昔そのまま農薬で販売されていました。ですから、花弁を食べないのなら農薬の粒剤を使われたらどうですか。楽です。白いバラ・アイスバーグですかね。紫のばら・ブルー~~という系統ですかね。いいですね。バラの香りが憧れですが。是非、もう一度チャレンジしてはいかがですか。
プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。