スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tea timeにしましょう。

DSCN2722.jpgDSCN2896.jpg一昨日、友人の友人でフラワー アーティストのKさんにに紅茶を頂いた。初めてお会いするということもあり、ご挨拶代わりに頂いたのだ。この方のお心遣いに感心してしまった。手ぶらでお会いした自分が少し恥ずかった。
この方が女性ということもあり、本当はずぼらな性格だが、少しだけネコを被らせていただいた。写真は被った猫ではなく、自宅の本当の猫「ラブちゃん」と頂いた紅茶だ。
オールドローズの写真に種々の香りの紅茶が入っている。なかなかのすぐれものだ。本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
自分が趣味でバラを作っている話はこの次にして、紅茶の話を書こう。
紅茶も緑茶も品種の違いはあるけど同じ茶葉からできていることはよく知られるようになった。生葉と発酵茶葉の違いなのだ。明治時代に日本に入ったアッサム種が三重県にあることは意外と知られていない。原木は紀南の御浜町と亀山の茶業研究所にある。御浜町の「さぎりの里」で今でもアッサム紅茶飲めるだろうか。

スポンサーサイト

西方浄土にようこそ

DSCN2864.jpgもう1週間ほど前になるがお預かりしているハスに花が咲いた。
松阪市では宗派を超えてお参りに行く有名なお寺のハスなのだ。葬式時には必ずそのお寺に行かなければならない習慣なのだ。そんな有名なお寺の住職様からお預かりし、返さなければならなかったのだがついつい今になってしまった。
すると、どうだ。こんな美しい花が咲いたのだ。思わず、ここは西方浄土ありがたい処なのだ。カンジザイボサツギョウジンハンニャハラと唱えてしまった。御利益あるだろうか。ないだろうな。修行が足りないもんな。

もう、超びっくり、カモシカだ

DSCN2872.jpg今日は八百津町の杉原千畝記念館に行って来たのだ。その帰り、少し道を間違えて福地というようなところを通っていた時だ。シカのようでしかし歩き方が違う。イノシシにしては足が長い。車から5mぐらいのところからジッとこちらを見ている。逃げようともしない。しかも、そこは民家の端なのだ。思わず写真を撮ってみたが、これは、カモシカだ。近くで餌をもらっているような気がするほどじっとこちらを見ている。御在所では檻の中のカモシカは見たことがあるが、野生のカモシカをこんなに近くで見られるなんて、すごい。でも、顔は少しだけ可愛いマヌケズラだった。
プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。