スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジャーコードの帝王・・加山雄三

昨日書いた加山雄三の歌に・・・のことなんですが。雄三と呼び捨てにしては実に失礼と思い、雄三さんと書くことにしました。助けてもらったと言っても直接お会いしたわけでもなく歌をずーうと聞いていただけなんですが。
ハウスがやられて本当に意気消沈している時、どうしても元気が出ない。そんな時、幼い時からファンでもあったのですが、加山メロディーをずーと一か月あまり一日中聞いていたのです。
落ち込まない、落ち込みそうになっているけど何とか踏ん張っていられた。不思議な曲ばかりです。「誰も信じられない。でも生きていかなくっちゃ」とあのパシフィックホテル倒産、光進丸差し押さえ事件の中で多分作った歌と思うけど、それでもなんか深刻に落ち込まない歌なんだ。究極のメジャーコードソングなんだろう、多分。
そんなわけでずいぶん助けていただきました、雄三さんには。お礼に自分の誕生日(8月19日)からファンクラブに入会させていただきました。そうしたら、まったくよく似た気持ちを持っている人が大勢いたことにびっくり。大したものですね、77歳だからね。すごい。
でも、正直、自分が浅はかなのは再建資金のめどが付いたら急にすごい元気が出たことです。我ながらああみっともない、と思いながら微笑んでしまった。情けないね。
スポンサーサイト

今年はいろいろありました、けど。

やっと、ブログを書く気になりました。
今年はものすごい年でした。ブドウを作り始めて40数年、今年ぐらい様々な気候というかアクシデントというか大変な年はありませんでした。
ことの初めは2月14日あの大雪です。ハウスがぺちゃんこになって本当にどうしようか、路頭に迷うとはこのことだった。震災の津波でなにもかも失った人よりはまだましだなんて、励ましを受けたりしたけど、本当にどうしようと今もあの姿を思い出すとぞっとする。
加山雄三の歌(お礼にファンクラブ入会)と山梨県のおかげでやっと元気が出て、頑張るぞと緊張感をもって栽培に。幸い気候も順調に過ぎ自慢の「種ありピオーネ」は近年にない出来。これで安心と思ったら2度の台風だ。道路が崩れ補修したら腰が痛み数日寝こんだ以外、ブドウには幸いに大した被害もなくやったと思ったら、今度は長雨だ。
8月雨の降らなかった日は2~3日のみ。幸い露地栽培になったからいつもならゆっくり行う袋かけも一斉に。日焼けのリスクもなんのその。早くかけたおかげで病気も少なかった。さらに、今度は良いことが続いた。雨と言っても朝と夕方に少し降るだけの長雨だった。昼間はお天気になるのだ。これが、逆に幸いした。ここ松阪が長野や山梨みたいな気候になったんだ。少量多灌水、夜間葉温の低減でびっくりするようなぶどうが出来たのだ。つれあい曰く、40年で初めてですよと言って販売していた。一瞬の気の緩みから生じた災い、転じて福となった。終わりよければすべてよし。もうすぐワインもできてくる。出来もよさそうだ。
でも、技術、技術と言ってきたがやっぱりお天気には勝てないよな。長野や山梨で作ったら自分でももっといいものができるようなあ、きっと。またしても出来の悪さを土地のせいにしてしまった。
R先生にあの世から「バカたれ」と言われてしまった。
プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。