スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラから教えられた

葡萄園にバラはつき物。ブルゴーニュもそうだったし、各地のワイナリーにもバラが植えてある。私も、バラの香りが好きで少々だが植えてある。そんな事もあり、ふと、テレビ番組のローズレッスン12ヶ月という番組を見ていた。小山内健さんという方の講義であった。シュートの処理方法を解説していた。「適当な高さに切る、そのまま放っておくと陰になるし、摘心すれば他のところが伸びてきます。」確かこういう説明だった。
私の琴線に触れたのは「他のところが伸びてきます」の部分だ。伸張を「止める」という事は、「伸ばす事」につながるのだ。う~~ん、含蓄が深い。
葡萄の摘心は一般的には開花結実生理に関する時期に行うのとベレーゾン期に入る前後にもうこれ以上伸ばしてはいけないと摘心を重ねる。かってにだが、問題にしているのは後記の時期だ。
つまり、この時期の摘心は伸ばさない事を目的に行う。だが、止める事は伸ばす事になるとすれば、止めているつもりが実は伸ばしている事になる。着色を進めるつもりが実は遅れさせている事になるのだ。だから、効果がはっきりしないのだ。
そうなれば、これから始めようとしている短梢栽培の摘心が、必要になれば、行う時期は6月の果実肥大期になり、ベレーゾン期以降は厳禁なのだ。事実となれば、私にとっては、目から鱗である。
そういえば、今回の選挙、どこかの政党が止められたら、どこかの政党らがえらく伸張した。節理は人間社会も植物も一緒なのか。
あれ、思い出してきた。R先生が十数年前、摘心の話を持ちかけたら、悪くなるだけだと話の相手にもなってくれなかった。そう言う事だったんだ。止める事は伸ばす事になるんだ。まったく、この年になってもまだだめだ。子曰く、40にして惑わず。嘘付け、60にしてまだ惑う。まったく出来が悪い。自暴自棄というんだろうな。そうだ、忘れてはいけない。せめてお礼に、小山内健さんの本を買おう。
スポンサーサイト

そろそろ剪定だ

12月も半ば過ぎになると元肥を施用後剪定の時期になる。この時期だが、お世話になっている岩の原では確か11月の初めから行っている。雪が大きな原因だそうだが、ビックリするほど早い。2ヶ月も差がある。今日現在すでに積雪があるからもっとな話だ。ねんねするのも時期が早く、おねむから醒める時期も早いのだろう。(変だと思う?)
そうそう、剪定の話だ。昔先輩から、剪定の剪の字は前に刀と書く。しっかり鋏と鋸をもって定めるのだと、教えられた。これが、また、難しいのだ。何年やってもきちんといかない。教えた自分より教えられた息子の方が上手に切っている。性格だね、剪定は。きちんと出来る性格でないとだめなんだ。まったく、3日坊主の自分は向いていないのだろう。
しかし、この分からないところが面白い。以前にも書いたけどぶどうは1/2葉序。右と左の大動脈だ。これを均衡に血液を流そうと必死になって考える。剪定する。どうしても均衡にならない。だんだん不均衡になる。欲と二人連れだから、きちんと管理してないから、と言い訳を捜す。
そうしている内にすばらしい言い訳を見つけた。均一にしようと思うのが間違いなんだ。宇宙は不均衡だから出来たのだ。宇宙の中のぶどうも不均衡であるべきだ(ちょっと無理があるか)。つまり、不均衡なものを均衡にしようとすれば不均衡にやらなければならないのだ。どうやって?分かるはずがないよ。まったく。

フィボナッチ2 お宝紹介 

ブドウは半分しか働いていないとなると、一つの実に対して、柿や梨は1/5しか働いていないのかな~。なんだか訳が分からなくなっちゃった。分からないついでに、稲の葉っぱも真ん中の葉心を中心に左右の色が違う。葉心の右の葉の色は対抗している葉の左と一緒と言われている。稲も何となくブドウに近い。何でここに持ってきたかというと、そう、大井上康先生なのだ。稲の栄養周期説を説き、あの有名な「巨峰」の産みの親なのだ。もちろんお会いしたこともないが、現在でも静岡に大井上研究所?があるように聞く。一度訪ねてみたいものだ。そこで、お宝紹介だ。
ハレーションを起こしてうまく映っていないが、大井上康 著 理論実際 葡萄之研究だ。復刻版ではないぞ。
中身は・・・・読み出すとよく眠れるんだなこれが。 


DSCN0036.jpg

フィボナッチ数列、なんちゃって

今日は調子がいいのでもうひとつ書こう。
タイトル、フィボナッチ数列。なんのこっちゃ。数学の超苦手な私もビックリしたんです。
事は、葡萄の妖女じゃない、葉序を調べていたときのことです。
葡萄の葉序は、1/2、梅、柿、なしは2/5、みかんは3/8、栗は1/2と2/5の両方がある。と言うことは昔から知っていたのですが、
これが宇宙の大法則(ちょっと大袈裟かな?)に繋がるなんて。
1,1,2,3,5,8,13,という数列なんですって。1+1は2.1+2は3.2+3は5。5+3は8になるんです。前の二つをたした数字になる。分母も分子もです。
つまり、2/5葉序では初めの葉っぱが出てから2回転して間は5つの6番目に同じ所にくる。従って360×2÷5で144度の回転で葉っぱが出てくるというわけです。葡萄は180度というわけです。
ところで詳しいことは他のサイトで調べて頂くとして、これが黄金分割、人間がもっとも美しいと感じる比に通じるというわけです。
人間の美意識は植物から来ているということかいな。
葉っぱはらせんを描いて出てくると書いてあるのだが。

ここからが、葡萄の問題。らせんを描くと言われているけど、維管束は縦に伸びていてらせんを描いていないと思うのだけど。葡萄の房の付いている方の葉っぱは実に転流するけどついていない方の葉っぱは実に転流しない。と、どこかで読んだ記憶があるけど。葡萄一房で何枚の葉っぱがいるなんてよく言うけど本当は半分しか働いていないのかな?
つづく。

ワイン用葡萄は小さい方がいい?

ワイン専用種は小さい方がいいという。小さいと言うけど房が小さいのと粒が小さいのとふたつあるよね。
山梨のとあるワイナリーのおじさんが(社長が)ロマノコンティではマダムの手のひらサイズ以外は皆落とすとか、小さくするとか言っていたけど。これは、房を小さくすることだよね。これはまあ理解できる。収量制限で糖度を上げるとか。
でも粒はどうなんだろう。小さい方が本当にいいのだろうか。一度糖度計ではかってみよう。と、思ってはいるのだけど。みかんの小さいのと同じ理屈かな。それとも、ミネラルとかアミノ酸とかが多くなるのかな。
結局の所、ワインは醸造によるところも大きいけど、葡萄の違いってどこにあるんだろう。とない頭を絞ってみたが下手な考え休みに似たり。あああ。
でも、細胞分裂数の多い方が品質はいいに決まっていると思うのだが。大きくなっちゃうよな。水分量の少ない方がとも言うし。
そうだ、開花前~開花後1週間ぐらいの果実の細胞分裂の重要時期に分裂数を最大に持って行き(これが一筋縄ではいかないのだが)ベレーゾン期に入ったら断水をして粒が大きくなるのを防ぐ・・小さくする。これだ。
これって、去年の天気だよね。そう、去年は50年に一回のワインの当たり年と言うことになる。残念ながらすべてSoldoutで松浦葡萄園にはもう残っていない。初めてなのにお客様から嬉しいお便りが続いた。本当に有り難うございました。

でも、やっぱり90%以上醸造家の力だよね。Tさんありがとう。



プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。