スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶどうの歌

趣味でばらを作っている。いい加減な趣味なので栽培方法など、まったく分からない。詳しいことはぶどうに準じているのだが。いたずらでばらの歌を捜してみた。あるある、ばらの歌はいっぱいあるのだ。出色は5月のばら。好みだから何でもいいのだけど。

ついでに、ぶどうの歌を捜してみた。私の先生に当たる玉村先輩(長野時代、初めてジベでデラの種なしを作った人)からはリンゴの歌はあるけどぶどうの歌は無いのです松浦さん、と言われた懐かしい顔を思い出した。

ぶどうの房・・団伊玖摩。ぶどう姫・・松田聖子。葡萄園の伝説・・フルーツショップ。葡萄の実・・アリス。葡萄ロマン・・丸山圭子。葡萄つみの歌・・シューマン。葡萄園の恋・・多分、韓国。葡萄成熟時・・多分中国。葡萄の季節・・南こうせつ。葡萄園之歌、葡萄仙子、葡萄美酒、葡萄の声・・多分中国。結構あるある、あったのだ。
出色はMINAが歌うGIORNI。なぜか、日本名が葡萄の季節なのだ。MINAは「月影のナポリ」で大ヒットした曲で有名なんだけど、年取っていないと知らないだろうな。GIORNIは日々という意味があるらしいんだけどなんで日本名が葡萄の季節なんだろう。分からないけどいい曲だ。もうひとつ葡萄園の恋・・韓国らしい。この曲もいける。ビデオやさんで捜してみようっと。
スポンサーサイト

今年も始まりました

長い間眠っていましたが、ようやく冬眠から醒めたように、いや、自発休眠じゃなく、他発休眠からと言った方がぶどうらしいかな。そろそろ、始まります。今年こそは。というのは農民のいつもいうせりふだ。もうひとつ。あと10年若かったら、も、いつものせりふだ。あと10年若かったらこんなブログ何でもないのに。パスワードなんか忘れることもないのに・・・やっぱりいつものせりふだった。

「思い」と「型」・・・葡萄の

ということで、一体葡萄は何を思っているのだろう。
前記したように何も思っていなく偶然の集積なんだろうか。数十年前葡萄を作り始めた頃、無剪定のまま、5年間放置したことがある。まあ、放置といっても防除だけはしていたけど。葡萄に限らず、植物は動物と違って自分では動けない。
そこに定着して生きていかなければならない。狩猟民族でなく農耕民族みたいだ。そうすると、自家の種を落とすか、遠くへ移動しようとすれば他人の手を借りて移動するしかない。それも、とびきりおいしく育てて。
5年間放置した葡萄はほぼ毎年2房だけはそれはそれは立派な葡萄を成らした。(茄子を作っている農家が同じようなことを言っていたのを記憶している。)葉序、2分の1の型を持つ葡萄ならではか。
それからすると、葡萄より柿、梨、それよりも8分の3の型を持つ柑橘類はさらに繁殖力が強く、分化したのはズーと遅い時代なのかな。(かなり、いい加減)
いずれにしても葡萄の型を読み取ることから葡萄の思いを推し量るしかないのかな。最近、シャルドネの若木の葉に欠乏症の症状が出ていた。苦土か石灰欠乏か?症状が明確でなかったので実験をした。苦土欠乏症であったが、他の品種には出ていない。ここで推論が分かってくる。
シャルドネは葉緑素の核になるmgを多く要求するのだ、多分。どこででも出来そうなシャルドネは意外に適地幅は狭い最高の葡萄は遠い。ビックリしたのは糖度は24度まで登るのだ。

「思い」と「型」・・・意識

型があればこそ思いが生まれた。だが、型は物質で表現できる。物質の細部は原子、等々だ。存在が確認できる。だが、思いってなんだろう。記憶とも同じようで違う。脳のある部分で細胞のネットワークによって生まれるなんて書いてあったような記憶?がある。
 我思う、ゆえに我ありは自分が思っている範疇を越えているのかもしれない。これは思いと型から言えば逆だ。「我ありてこそ我思う」なのだから。すごいデカルトを向こうに回してアホなことを書いて。誰も見ないからいいようなものだけど。もし見たらアホとつぶやいて。
 元に戻って、思いは物質ではない。細胞という物質から、物質でない思いが生まれる。有から無が生まれると言うことか。おお、禅問答になってきた。むむ みょうやく むむ みょうじん 今度は般若心経になってきた。今日はあっちこっちに良く飛ぶな。なんのことだったっけ。
 そうそう「思い」とはなんだろうが命題だった。思いは人間だけじゃない。思いの程度はあるが生物すべてにあるのではないか。猫や犬はもちろん。もぐらだって、ミミズだって大腸菌だって、酵母だって。これを認めると言うことは「思い」は「生きる」ことと同語になる。そうか、思いは生きることか。
 ならば、やっぱり「我思う、ゆえに我あり」だ。我ありは生きること。やっぱりアッホ。今日は良く飛ぶな。ちょっと違う、思いは。酵母は思って生きているのか、偶然の集積なのか。植物はどうだ。思いはあるのか。根の吸収に能動的輸送とか吸収とかの表現がある。やっぱり植物も思いがあるのだ。・・・葡萄は近いぞ

松阪でも雪下ろし

DSCN0410.jpg
今日は全国的に雪。我が葡萄園でも7cmも雪が積もった。親愛なる新潟の岩の原葡萄園のように2mもつもるところと違って7cmでも大雪なのだ。カラス除けの防鳥網のうえに7cmも積もると多少不安になる。明日も雪の予報に雪下ろしを決断した。竹で網を揺すって雪を落とすのだ。2時間ほどで何とかなり今夜は安心してお休みできるのだ。これで明日大雪が降っても安心ってところだ。暖かい三重県でも雪下ろしとは一昨年に続いての雪下ろし。友人からメールが届いた。これは春の始まりだと。今年は春が早いかもしれない。
プロフィール

松浦葡萄園

Author:松浦葡萄園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。